5代目ブログ「米屋のホンネ」

島根県松江市の藤本米穀店5代目、藤本真由です。

創業明治26年、細く長く、地元島根で米屋を営んでいます。

【No.014】平成18年08月22日 新米ハナエチゼン

昨年より5日遅れての地元の新米、

ハナエチゼンの検査と発売です

当社の川津倉庫は、日本穀物検定協会さんの

指定検査場所になっていて、

ここで農産物検査を受けます。

きょう検査するお米は、伊野のお米です。

伊野とは昔、松江市と旧平田市の境にある

伊野村だったところです

ここは土壌が粘土質で、

とてもおいしい農産物が出来るところです。

出来上がった新米    大きな乾燥機が何台もあります

ここから大型トラックにて当社の倉庫へ向かいます。

当社の倉庫へ搬入されたお米です。

とりあえず本日は300袋、午後の検査を待ちます。

(財)日本穀物検定協会さんによる検査の様子です。

検査によって1等米・2等米・3等米・規格外に区分されます。

穀物検査は、自分で検査員になって検査することも

出来るのですが、

玄米を見て品種を100%特定する自信は自分にはないので、

販売品種の信頼性のためにも第三者の穀検による検査を

しています。

検査の結果、若干のカメ虫被害(お米に小さな黒い斑点)は

ありましたが300袋すべて1等米になりました。

検査を受け、すぐにお米を店頭に出しました。

ここ「お米の広場 ふじもと」では、最近どんどん増えている

生産者のお米直売に対抗することも大きな目的としています。

そのために

最良の精米設備、安心玄米お預かりシステム、

毎日精米したてのお米販売、

食味点数表示販売、玄米原袋販売などもです。

とにかく、ごはんを食する消費者にとって

一番良いお米とはなんだろう・・・

と考える毎日です・・・

 

 

気に入ったらSNSで共有しよう!


こだわり米の専門店!
明治26年創業 藤本米穀店

ごはんソムリエが厳選したお米を販売しています。仁多米をはじめ、地元・島根のこだわり米を中心に全国発送しています。

【代表的なブランド】
〇仁多米「大峠源流米」「あいのはで干し米」「櫛名田姫米」「まき」「にたひかり」
〇雲南米「うやま米」「プレミアムつや姫たたら焔米」「雲南コシヒカリ」「雲南つや姫」「雲南きぬむすめ」
〇飯南米「とんばら門米」「アイガモ米」
〇安来米「比田米コシヒカリ特選」「比田米きぬむすめ特選」
〇隠岐米「島の香り隠岐藻塩米」「潮の恵み里山米」
〇吉賀米「注連川の糧」
〇弥栄米「秘境奥島根弥栄」
〇松江米「ながえ米」「よっちゃん米」
〇宮城米「ササニシキ」