5代目ブログ「米屋のホンネ」

島根県松江市の藤本米穀店5代目、藤本真由です。

創業明治26年、細く長く、地元島根で米屋を営んでいます。

【No.161】平成22年05月11日 田植えイベントに行ってきました!

5月9日に長江米エコ栽培グループ主催の田植えイベントがありました。

社長と私とで顔を出してきました。

以前このグループの会合にて、

せっかくこだわった米作りをするのだから、独自の名前をつけてやりましょう!

ということになり「長江ほたる舞」と命名されました。

ほたるが舞う水のきれいなところなので、それが連想されるよう名付けられました。

予定表。

 

昔は瓦を作って松江城などに納めていた地域です。

松江市の湖北(宍道湖北側)周辺は砂地の場所が多いんですが、

ここは粘土質でお米の評価も良かったとのこと。

この看板の頭にある「復活させよう!!」というのはそういうところからきているんですね。

 

開会の挨拶。

 

みんなバケツに苗を取っていきます。

 

まっすぐ植えられるよう「ババ引き」。

 

横一列になって田植え開始!

 

大人も子供も一緒になって田植えをしています。

 

マスコミの方もおられます。

ちびっこ大はりきり!笑

自分が見た限りでは新聞社2社、地元テレビ局1社。

 

大ベテランによる指導。

 

苦戦しながらも植え進み…

 

田植え完了!!

 

記念に一枚。

参加人数も多く、大変賑わったイベントになりました!!

会長さんはじめ、グループの皆さん、大変お疲れ様でした!!

 

 

 

田植えが終わったところで私たちは失礼させてもらい、

この田んぼから山の方へ上がっていきました。

宍道湖方面(南側)に向かって一枚。

見えている湖が宍道湖です。

 

 

 

しばらく奥まで進むと、池というかなんというか貯水してるんかな?

水源の一つと思われる場所に出ました。

トンビがわさわさ飛んでいてちょっと恐かった…一度に10羽くらい群れているところは初めて見ました。

すぐ近くにイノシシ防除柵がしてある畑があったのでイノシシも出る場所。。。

 

池の横に「垂水神」と彫られた岩がありました。

カーナビで見る限り他にもいくつか大きな池がありそうでした。

近場とは言ってもまだまだ知らない場所もたくさんありますね。

 

 

 

 

気に入ったらSNSで共有しよう!






こだわり米の専門店!
明治26年創業 藤本米穀店

ごはんソムリエが厳選したお米を販売しています。仁多米をはじめ、地元・島根のこだわり米を中心に全国発送しています。

代表的なブランド:
〇仁多米「まき」「大峠源流米」「あいのはで干し米」「櫛名田姫米」「にたひかり」
〇雲南米「うやま米」「プレミアムつや姫たたら焔米」「佐々木さん蓮華栽培米」「吉掛米」
〇飯南米「とんばら門米」「アイガモ米」
〇安来米「比田米」、隠岐米「隠岐藻塩米」「里山米」
〇石見米「注連川の糧」「美都ひかり」
〇松江米「ながえ米」「よっちゃん米」
〇宮城米「ササニシキ」