5代目ブログ「米屋のホンネ」

島根県松江市の藤本米穀店5代目、藤本真由です。

創業明治26年、細く長く、地元島根で米屋を営んでいます。

【No.042】平成20年05月24日 はじめまして2

専務に続きまして、ご挨拶を…。

はじめまして、社長の娘で専務の妹の博子です。

生意気にも黒田店の店長をやらせてもらっています。

店長と言ってもまだまだダメダメですけど…。

 

黒田店を任されて4年目。

任された当初を思い返すと恐ろしい……。

私の短大卒業と同時に黒田店オープン。と同時に私の米屋デビュー。

(いや、これは本当に見事に同時でした。卒業式の2、3日後にオープンでした。)

当然、お米について何にも知識がない状態。

 

社長 『はい、お前さん、黒田店よろしくね。』

えぇ、本気ですか!?

社長 『うん、頑張ってね。』

 

はい、こんな感じでオープンを迎えました。

…いや~、本当に恐ろしい。

接客の仕方もわからない。商品知識もない。

教えてくれる、お手本になる先輩なんかがいたらまた違ったんだろうけど、そんなの一切なし。

今思えば、こんな状態でよく出来てたなぁ~と。。。

社長もよくこんな自分に任せたなぁ~。。。

当たり前ながら、当時はそれはもう不安だらけ。

知識がないから自分からお客さんに話しかけて説明することも出来ず。

質問されても答えられなかったら……と常に緊張してました。

でも店員として店に立っている以上、お客さんにとって新人だからなんて言い訳は通用しません。

だから接客にしても何にしてもすべてに必死でした。

自分で調べての勉強はもちろん、社長にも色々と質問して教えてもらいました。

接客に関しては、とにかく笑顔が大事だなぁ~とすごく実感。

自分が笑顔でいるとお客さんも笑顔。

笑顔って良いなぁ~。。。

 

あれから3年。

 

3年前の当時の自分はそれで良いと思ってたことでも、今の自分にしてみたら、なんであんなことを…。。。

なんて思ったりすることもあるけど、当時はそれなりに頑張ってたんだなぁ~と。

なんかオープン当初のことを思い返してたら、あのころの必死さが今の自分には足りないのでは??

と思えてきました。

慣れてきて自分に対して甘えが出てきてるなぁ~。。。

反省。。。

 

こんな感じで(いいのかな?)、失敗しながら少しずつ成長して今に至ります。

 

自分の良いところ、悪いところ…働き出してから改めて思ったり、

また、今まで知らなかった自分を新しく知ることができました。

本当にまだまだ未熟者です。

まだまだこれからだと思っています。

成長するもしないも自分次第。

自分に負けないように前に進んでいきたいと思います。

なんか最後は決意表明みたいな感じになってしまいましたけど。。。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

気に入ったらSNSで共有しよう!


こだわり米の専門店!
明治26年創業 藤本米穀店

ごはんソムリエが厳選したお米を販売しています。仁多米をはじめ、地元・島根のこだわり米を中心に全国発送しています。

【代表的なブランド】
〇仁多米「大峠源流米」「あいのはで干し米」「櫛名田姫米」「まき」「にたひかり」
〇雲南米「うやま米」「プレミアムつや姫たたら焔米」「雲南コシヒカリ」「雲南つや姫」「雲南きぬむすめ」
〇飯南米「とんばら門米」「アイガモ米」
〇安来米「比田米コシヒカリ特選」「比田米きぬむすめ特選」
〇隠岐米「島の香り隠岐藻塩米」「潮の恵み里山米」
〇吉賀米「注連川の糧」
〇弥栄米「秘境奥島根弥栄」
〇松江米「ながえ米」「よっちゃん米」
〇宮城米「ササニシキ」