5代目ブログ「米屋のホンネ」

島根県松江市の藤本米穀店5代目、藤本真由です。

創業明治26年、細く長く、地元島根で米屋を営んでいます。

【No.043】平成20年05月29日 ある土曜日の午前~観光都市松江~

先日の土曜日。

降水確率80%の予報通り外は雨。

そんな日の午前中、一組のお客様が来られました。

 

  店員一同「いらっしゃいませ~」

 

  お客様「オハヨゴザイマス」

 

  店員一同「!?」

 

そうです、外国の方です。

さすが観光都市松江、県外からだけでなく、海外からの観光客も大勢います。

友人のめのう屋さんもよく外国の方の接客をする、と言っていました。

 

その一組のお客様は傘はさしておらず、背負った大きなリュックの上からきていたカッパのフードを取り、

目的のものへまっすぐ向かわれました。

 

  (心の声)「(そこはレジ横の雑穀のコーナー・・・渋いところを突くなぁ・・・)」

 

心の中でそう呟きました。

 

そのレジ横の雑穀コーナーはここ↓

 

そして手に取ったのは…

 

ここの、、、↓

 

 

これ↓

 

  !?

 

しょ、商品じゃない…

 

外国の方「ナンジャラカンジャラ…ルキンフォー…ウンジャラカンジャラ…(英語)」

 

どうやらこんな感じのもの(日本的なもの?)を探していたらしく、丁寧に商品じゃないことを告げると、

 

外国の方「オー、ナッフォセーゥ?!」(訳:なんてこった、これ商品じゃないの?!)

 

と、そのまま帰られました。

 

 

しかしながら、やはり目の付けどころが違うというか、まさかそう来るとは予想だにしませんでした。

こういう思いもよらないことから今後色々なことを学んでいくんだろうな、と日々感じています。

(ちょっと違う?)

 

 

そういえば、よく「米の味は日本人にしか分からない」ということを聞きますが、

今思えば実際のところどうなのか聞いてみたら良かったなぁ、と思います。

まぁ、そんな質問できるほどの語学力は無いわけですが…(笑)

気に入ったらSNSで共有しよう!


こだわり米の専門店!
明治26年創業 藤本米穀店

ごはんソムリエが厳選したお米を販売しています。仁多米をはじめ、地元・島根のこだわり米を中心に全国発送しています。

【代表的なブランド】
〇仁多米「大峠源流米」「あいのはで干し米」「櫛名田姫米」「まき」「にたひかり」
〇雲南米「うやま米」「プレミアムつや姫たたら焔米」「雲南コシヒカリ」「雲南つや姫」「雲南きぬむすめ」
〇飯南米「とんばら門米」「アイガモ米」
〇安来米「比田米コシヒカリ特選」「比田米きぬむすめ特選」
〇隠岐米「島の香り隠岐藻塩米」「潮の恵み里山米」
〇吉賀米「注連川の糧」
〇弥栄米「秘境奥島根弥栄」
〇松江米「ながえ米」「よっちゃん米」
〇宮城米「ササニシキ」