5代目ブログ「米屋のホンネ」

島根県松江市の藤本米穀店5代目、藤本真由です。

創業明治26年、細く長く、地元島根で米屋を営んでいます。

【No.144】平成22年02月13日 うれしい便り

久々の投稿です。

2月8~10日、千葉へ商売人の勉強会へ行っていました。

帰ってくるとデスクの上になんやらどっさりと伝票やら請求書やら資料やらメモやらがあり…

その中のひとつの封筒が…

これです。

1月15日に仁多の阿井小学校5年生が当社の黒田店に見学に来られたのですが、

なんと一人一人からの感想が!!!!!

【No.141】平成22年01月15日 小学生の社会科見学

2010.01.15

これは嬉しいですね~

いくつかピックアップ。

 

 

・「ふじもとのお兄さん、お姉さん、この間はありがとうございます。」

おー、まだお兄さんで良かった…

 

・「きぬむすめとミルキークイーンは初めて食べたけど、

 モチモチしていて、おいしかったです。

 仁多米は、いつも食べていたので、いつもの味でした。」

最後の一文には思わず笑ってしまいました。笑

阿井はすごくお米のおいしいとこなので、何気にすごい贅沢なことですね~。

 

・「色々なお米をさわっていたら、1つだけ、すごくさらさらで、びっくりしました。

 でも、それはコシヒカリではなくて残念でした。」

さらさらした手触りのお米がおいしそうに感じたんですね。

同じ品種でも玄米の手触りは全く違います。

食味にどのような影響があるのかは…勉強不足です。汗

 

・「アマランサスやあわなどもありました。」

いやぁ、よく見てますね~!!

 

・「その場で精米するというくふうがしてあったり、お客さんのほしい量だけ用意するというのも、

 すてきだなぁと思います。」

これは自分達にとってはもはや当たり前だったことだけに、

何か再確認できたような感じです。

 

・「機械はどれも(見るのが)初めてだったし、白米になるのも初めて見ました。」

玄米が白米になる工程を見る機会はなかなか無いですよね。

良い機会になったのであれば幸いです。

 

 

他にもみんなしっかり見てたんだなぁ、と思うような感想ばかり!!!

こちらがやったことと言えば、

簡単に商品・販売方法・設備紹介と、3種類のお米食べ比べをやっただけなんですが、、、

いやぁ、とても嬉しい便りでした。

気に入ったらSNSで共有しよう!






こだわり米の専門店!
明治26年創業 藤本米穀店

ごはんソムリエが厳選したお米を販売しています。仁多米をはじめ、地元・島根のこだわり米を中心に全国発送しています。

代表的なブランド:
〇仁多米「まき」「大峠源流米」「あいのはで干し米」「櫛名田姫米」「にたひかり」
〇雲南米「うやま米」「プレミアムつや姫たたら焔米」「佐々木さん蓮華栽培米」「吉掛米」
〇飯南米「とんばら門米」「アイガモ米」
〇安来米「比田米」、隠岐米「隠岐藻塩米」「里山米」
〇石見米「注連川の糧」「美都ひかり」
〇松江米「ながえ米」「よっちゃん米」
〇宮城米「ササニシキ」